アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のメカニズム

T型アレルギー反応(急性型)とW型アレルギー反応(慢性型)が組み合わさっています。
T型アレルギー反応(急性型)とは免疫グロブリンであるIgEという免疫機能が体内に侵入した異物を無害な状態にするという本来の働きをせず、自分のカラダの組織細胞を刺激して炎症などの症状を引き起こしてしまうことで起こります。
W型アレルギー反応(慢性型)Tリンパ球を介する等で起こります。
成人ではこれらの状態にストレスが加わり悪化しているケースが多いようです。
東京クリニック癌ガンがん免疫力
東京クリニック東京クリニック