アトピー性皮膚炎

IgE抗体

抗原抗体反応に関与している抗体は免疫グロブリンというタンパク質で、IgE、IgM、IgG、IgDの5種類があります。アレルゲンと呼ばれる原因物質が体内に侵入するとマクロファージと呼ばれる細胞を食べる細胞にとりこまれ、体が異物と判断するとこの情報がTリンパ球を介してBリンパ球に伝えられ、IgE抗体がつくりだされます。IgE抗体は科学物質がいっぱいまでにつまった顆粒で細胞質が満たされている細胞と結合しやすい性質があります。
東京クリニック癌ガンがん免疫力
東京クリニック東京クリニック