アトピー性皮膚炎

アレルゲン(アレルギーの原因となるもの)との関係

アレルゲンの種類としては、吸入性、食物性、薬物性、接触性のアレルゲンがあり、これらがアレルギー反応を引き起こし、アトピー性皮膚炎を起こします。また、直接アレルゲンとはなりませんが、アレルギー反応を強くしたり、皮膚の過敏性を高めたりしてアトピー性皮膚炎を悪化させる要因もあり、ストレス、飲酒、温度・湿度の変化、紫外線、過労、不眠などがその代表です。たとえば、ストレスがたまると自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンの量にも変化が生じアレルギー反応が出やすくなります。
東京クリニック癌ガンがん免疫力
東京クリニック東京クリニック