アトピー性皮膚炎

皮膚のバリアー機能の障害

ひとつの原因で説明することが困難でアトピー性皮膚炎の病因は多面的であるといわれています。体質や遺伝だけではなく、食生活、住環境、対人環境、ストレスなど現代生活そのものと密接に関係していると考えられます。また、最近言われているのがアレルギー反応だけではなく、皮膚のバリアー機能の障害が関与されているといわれます。これは酵素系の異常でセラミドが不足されるために皮膚が乾燥し外からの刺激を受けやすく皮膚炎を起こしやすくなると考えられています。
東京クリニック癌ガンがん免疫力
東京クリニック東京クリニック