アトピー性皮膚炎

ストレスと免疫複合体

人間のカラダはいろいろなストレスにより血中免疫複合体が増加し、これが原因となりアレルギー症状を起こすことが多くあります。ストレスはさらにアレルギー症状を起こすばかりか、精神にも悪影響を及ぼします。何らかのストレスを受けてアレルギー反応がでるのを避けるために回避行動をとるようにり、ストレスに過剰に反応する悪循環になってしまうケースが非常に多くあります。最悪の場合そのようなストレスからうつ病や強迫性障害、不安障害、パニック障害を併発して、社会生活そのものにふたをしてしまうケースもあります。
東京クリニック癌ガンがん免疫力
東京クリニック東京クリニック