ココロの病気のメカニズム 〜うつ病・うつ状態〜

ココロの病気と脳の不調

脳は絶えず活発に働いています。脳内では、化学物質が作られ、その物質が分泌され、電気も起こっています。これらの脳の働きによって、体の運動や感覚はもちろん、喜びや悲しみ、そして体の調子を感じる事が出来るのです。うつ病ではこうした脳内の化学物質の活動が一時的に乱れていると考えられています。このために健康な時とは質の違った悲しみや苦しみを経験するのです。その乱れの根本的な原因がずべて解明されたわけではありませんが現代の医学に進歩により適切な治療は行えるようになってきました。うつ病やココロの病は、ストレスや悲しい出来事が引き金になることもあれば、何のきっかけもないこともあります。また遺伝的な体質も関係することがあります。はっきりしていることは、うつ病やココロの病で起こっている脳内の不調の多くはこれらの伝達物質を補うことで治すことができるということです。
病院東京クリニックうつ病
東京クリニック東京クリニック