ココロの病気のメカニズム 〜うつ病・うつ状態〜

脳の働き

脳の基本的な構造はどうなっているのでしょうか。脳は数百億ともいわれる神経細胞の集まりです。ヒトの臓器にはそれぞれ役割がありますが、脳はヒトの行動や感情をつかさどり、神経細胞と神経伝達物質によって複雑な回路を作っているのです。脳内の神経細胞は樹状突起というアンテナによって信号や情報を受け、長く延びる神経線維によって次の神経細胞にその信号を伝えていきます。その間を結ぶ接続はシナプスと呼ばれ、信号を伝えるための神経伝達物質という特殊な科学物質が放出されるとともに、その伝達物質にピッタリと合うような受容体(レセプター)がその信号を受け取るという仕組みになっています。このシナプスの数は脳全体で100兆から1000兆あると言われており、さらに受容体の種類は1000から1万、神経伝達物質は1000から2000以上あると言われています。このような非常に複雑な信号・情報受け渡しのネットワークを組んでいます。これらはわたし達が普段接しているコンピューターよりも高度な処理を行っているのです。
病院東京クリニックうつ病
東京クリニック東京クリニック