朝起きられない

朝起きられない仕事に行きたくない

現代のストレス社会で朝起きられない、仕事に行きたくないという人が増加の一途を辿っています。これらの問題は社会的な側面も大きいのですが医学的にきちんとした身体面・精神面の治療を行うことにより解決出来るものと考えられます。

起立性調節障害そしてストレス

その要因のひとつが起立性調節障害(Orthostatic Disregulation, OD)です。また精神面でのストレスや不安を取り除く治療を行うことによりその人の持っているポテンシャルが十分発揮されるようになります。

起立性調節障害のメカニズム

起立性調節障害は自律神経失調症のひとつで寝ている状態から起き上がった時に血管の調節がうまくいかず症状が出るものをいいます。正常な人では、起き上がると静脈内の圧受容体に刺激が加わり静脈系が収縮します。このような働きで循環している血液の量と心拍出量を適切な状態に維持しているのです。ところがこうした一連の働きがうまくいかないと頭へいく血液の量が少なくなり身体的にも精神的にも朝起きられない、仕事に行きたくないとなるのです。これが起立性調節障害のメカニズムです。

パフォーマンスを最大に発揮するために

起立性調節障害、そしてストレスから仕事に行きたくないという場合適切な診断を行い最も適した治療薬を用いることによりその人の持つ最大のパフォーマンスが発揮されるようになります。

その他の症状 原因

頭痛(偏頭痛、緊張性頭痛)睡眠障害(夜寝つけず、朝起きられない)うつ病

東京クリニックの治療

最も大切なことは症状に合った適切な治療を早期に開始し一刻も早くその人の持つパフォーマンスを出してあげる事です。その事が自分自身にとっても社会全体にとっても最も大切なことなのです。医薬品を用いる場合、検査を行いながら服用となりますので健康の面でも安心出来ます。

治療目標

東京クリニックの治療目標として1か月以内に症状が軽くなり最大限にパフォーマンスが発揮出来る事を治療目標としています。
病院
東京クリニック東京クリニック