摂食障害(拒食症・過食症)

関連リンク 医療機関での安全な体重コントロール・肥満治療・メディカルダイエット
関連リンク 摂食障害・過食・拒食・嘔吐とダイエットサイト

東京クリニックの治療方針

殆どの場合は食べることに罪悪感を感じ、食べてしまった自分に後悔したり、また嘔吐してしまう自分に嫌悪感を感じています。東京クリニックではカウンセリングを主とする精神療法を重視して取り組んでいます。薬物療法の治療も効果的でSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害剤)、三環系抗うつ薬などの薬剤も効果が期待されます。

治療目標

1ヶ月〜数ヶ月以内に体重を標準体重範囲内に戻し、その背景にある医学的原因やストレスを取り除き再発を防止することを治療目標としています。

摂食障害とは

有名なのは拒食症、過食症です。拒食と過食は正反対のものと思われる方が多いようですが、これは実は紙一重で多くの場合拒食と過食を繰り返していきます。

体型

拒食の人は痩せていて、過食の人は太っているというのが一般的な概念ですが、実際には過食の人も食べたものを嘔吐するケースが多いので痩せている人が殆どです。モデルなど痩せていなくてはならない職業の人も過食症が多くいます。

拒食症

思春期ぐらいの時期に発病することが多く20代に多くみられます。拒食症はダイエットの手段で食べ物を口にしないで我慢することから始まることが多く、食欲がなくなり、空腹感さえもわからなくなってしまうケースが見られます。拒食症はその20パーセントが死亡するといわれているほど恐ろしい病気で、ひどい場合には入院や点滴の必要もあります。

過食症

摂食障害の中でも増えているのが、過食嘔吐と呼ばれるもので、胃が満腹になりこれ以上食べられないというところまで食べ続けるのですが、太ることに極端な恐怖心をもっているために嘔吐をしたり、下剤を乱用して太ることを避けようとします。

症状

摂食障害の症状は極端な体重の変化や月経が止まってしまうなどが目立った特徴です。第三者から見れば十分痩せているのに自分ではまだ痩せていないと感じダイエットをし続けることも摂食障害の特徴といえるでしょう。
拒食過食ダイエット
東京クリニック東京クリニック