自律神経失調症

東京クリニックの自律神経失調症治療

まず身体に何らかの病気がないことをきちんと医師と相談することが大切です。疾患の性質上様々な症状が出現することが多い為、詳しく話を伺いながら治療を進めていくことになります。

自律神経失調症患者の悩み

自律神経失調症は器質的な病変・異常はみられないのが普通です。症状は個人差がありとらえどころのない症状なので、本人は深刻でも周囲に理解してもらうのは大変です。症状をうまく説明しにくく、自分でも気のせいかもと思ったり、あるいは気のせいでしょうといわれてしまうこともあるかもしれません。

自律神経とは何か

自律神経とは血管・腺・内臓など、自分の意志とは関わり無く働く組織に分布している神経系で呼吸・代謝・消化・循環といった生命活動に必要な働きを調節しています。自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、交感神経は代謝や消化といった生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は逆に遅くする働きをするといった正反対の働きをしています。

自律神経失調症の症状

自律神経は人間の身体を守る働きをしていて、自分の意志に関わらずプレッシャーを感じたり、緊張したりするだけで心臓の鼓動が早くなったりします。自律神経失調症とはこれらの神経が過剰に働きすぎて、肩こり・頭痛・めまい・動悸・倦怠感・腹痛・吐き気・立ちくらみ・耳鳴り・食欲不振・便秘・下痢などの症状がでてくるものをいいます。

自律神経への負担を軽減させるための薬物治療

自律神経の中枢は脳の視床下部にあり不安や怒りといった情緒の中枢である辺縁系と相互連絡しています。つまり抗不安剤を服用し不安やイライラを鎮めることで自律神経の興奮を抑え、様々な身体症状を軽減することができます。

薬物治療以外

活動のための交感神経と休息のための副交感神経のバランスを取り戻すために夜に寝て、朝起きるといった生活リズムを整えたり、栄養のバランスの整った食事をこころがけましょう。また自己暗示の訓練も効果的です。不安を抱えた生活や、緊張感の続く生活は自律神経への負担が大きいですから生活環境を見直すことも重要になります。
自律神経失調症
東京クリニック東京クリニック