症状別

ストレスと現代医学

現代医学では単純な他覚所見やレントゲンやCTに代表される画像所見、血液検査重視から、本人が苦痛を感じている気分や感情が重んじられるようになってきました。また病気の原因別でも多くの診療科目でストレスが原因ですと説明される事が多くなってきたようです。今まで風邪ですと説明されてきた体調不良の中にも脳を中心とした疲労や精神疾患への関心が高まっています。

気分障害

気分障害には、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、気分変調症、気分循環症、抑うつ気分を伴う適応障害、器質性気分障害などがありますが、現在最も多いのは軽症うつ病と呼ばれるものです。

疲れや気だるさ、痛み等の身体症状

疲労感、倦怠感は以前身体的な疲れが原因と考えられていたのですが、現在では脳の疲れの割合が多いと考えられています。肩こり、腰痛などの痛みに関してもストレスが原因ですとよくいわれるように、その多くの場合、本質は脳の疲労にあるといえるでしょう。

不安

皆が社会的に難儀な状況の時は誰もがナーバスになります。そういう時多くの人々は明るく振舞おうとします。しかし何人かの人々は不安感が上回ってしまい、心配になってしまいます。不安が強い人は出来るだけ危険を避ける方法を捜して、心配事がが起こる前に不安を感じ続けます。それはたとえ不安が些細なことであっても、あらゆる状況を分析して、否定的に解釈してしまいます。
病院・精神科・心療内科の東京クリニック
東京クリニック東京クリニック