毛包炎、せつ、よう、せつ腫症、できもの、おでき、フルンケル、面疔

毛包炎

主としてグラム陽性球菌である黄色ブドウ球菌(黄色ブ菌)と溶血性連鎖球菌(化膿レンサ球菌)による急性皮膚細菌感染症を膿皮症と総称する。特殊なものとして慢性膿皮症があるが、本症の発症原因は細菌のみでなく、部位による特異性や個体の側の要因が大きく関与する。
膿皮症は感染経路により、@毛孔から毛嚢に至る場合、A汗孔から汗管への経路、Bこれらの付属器とは無関係に直接皮表に感染するもの、の三つに大別され、おのおのが表在性と深在性の臨床型をとる。

毛包炎の治療

(1)軽症の場合
消毒液、抗菌剤使用

(2)腫脹の強い場合
抗菌剤をガーゼに厚めにのばして貼付
抗菌剤内用
東京クリニック 皮膚科
東京クリニック東京クリニック