虫刺症、急性痒疹、虫刺され

虫刺症とは

“虫刺され”は比較的よくみられるもので、放置して自然に治るものから、全身を刺され痒みが強く不眠症になるほどのものまで、程度はさまざまである。虫刺症の診断は通常容易であるが、時に他の疾患との鑑別が難しいこともある。一般的には虫刺症の場合、虫の刺し口がみられる。皮膚の症状としては、赤く腫れた丘疹あるいは結節が主にみられる。小児ストロフルスとは小児にみられる急性の痒疹で、虫刺後に生じる蕁麻疹様丘疹をいう。

虫刺症の治療

(1)軽症の場合
ステロイド剤外用

(2)中等症の場合
トラネキサム酸(トランサミン錠)および抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)併用

(3)腫脹の強い場合
漢方薬(五苓散)の併用

(4)結節性痒疹の場合
ステロイドの貼付剤(インファナルもしくはトクダーム等)

(5)重症の場合
ステロイド剤内用
東京クリニック 皮膚科
東京クリニック東京クリニック