ジベル薔薇色粃糠疹

ジベル薔薇色粃糠疹とは

鱗屑状の病変と限定された経過によって特徴づけられる、原因不明のおだやかな炎症性の皮膚疾患。 どんな年齢でも、起こることがあるが、青年に最も多くみられる。感染物質を分離させる試みによって、マイコプラズマ、ピコルナウイルス、およびヒトヘルペスウイルス7型が認められている。温暖な気候では春と秋に発生しやすい。

ジベル薔薇色粃糠疹の治療

(1)発疹
中程度以上のステロイド剤外用

(2)皮疹の発赤
トラネキサム酸(トランサミン)内用

(3)症状の強い場合
L−システイン(ハイチオール)
漢方薬(十味敗毒湯、香蘇散など)併用

(4)かゆみが強い場合
抗ヒスタミン剤のメキタジン(ニポラジン)
フマル酸クレマスチン(ピロラール)内服
東京クリニック 皮膚科
東京クリニック東京クリニック