掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症とは

掌蹠に限局する原因不明の無菌性膿疱を主徴とする慢性再発性、難治性疾患である。通常皮疹は対側性に生じ、紅斑落屑性局面に多数の小膿疱を混在している。爪は肥厚、変形、混濁する。肘頭、膝蓋に角化性紅斑局面を伴うことがある。慢性感染症、金属アレルギーとの関連が指摘されている。

掌蹠膿疱症の治療

(1)軽症の場合
ステロイド剤あるいはタカルシトール(ボンアルファー軟膏・クリーム・ローション)を外用
ビオチン、ミヤBMを内服

(2)中等症の場合
漢方薬(五苓散、十味敗毒湯、消風散、温清飲など)内用を併用
抗菌剤、ステロイド剤、エトレチナート(チガソンカプセル)内服
東京クリニック 皮膚科
東京クリニック東京クリニック