皮膚の病気に効く薬

抗ヒスタミン薬の種類と特徴

分類一般名商品名特徴









エタノールアミン系ジフェンヒドラミンレスタミン局所麻酔作用、抗嘔吐作用、筋固縮減少作用抗コリン作用が強い
中枢神経抑制作用が強い
ベナ
ジメンヒドリナートドラマミン抗嘔吐・めまい作用、(動揺病、メニエル症候群に用いる)
ジフェニルピラリンハイスタミン 
クレマスチンタベジール
プロピルアミン系クロルフェニラミンアレルギン 中枢神経抑制作用が比較的少なく、古典的抗ヒスタミン薬の中では昼間の投与に最適
ポララミン
トリプロリジンベネン
フェノチアジン系プロメタジンピレチアα遮断作用、局所麻酔作用抗コリン作用が強い
ヒベルナ
アリメマジンアリメジン 
イソチペンジルアンダントール外用薬
ピペラジン系ヒドロキシジンアタラックス-P鎮静薬、トランキライザー、制吐薬としても用いる 
ホモクロルシクリジンホモクロミン抗セロトニン作用、抗ブラジキニン作用
ピペリジン系シプロヘプタジンペリアクチン抗セロトニン作用 
第二世代メキタジンゼスラン 中枢神経抑制作用、鎮静作用が非常に少ない
抗コリン作用が弱い
ニポラジン
フェキソフェナジンアレグラ
エピナスチンアレジオン
エバスチンエバステル
エメダスチンダレン
レミカット
セチリジンジルテック
ベポタスチンタリオン
オロパタジンアレロック
ロラタジンクラリチン
抗アレルギー性ケトチフェンザジテンメディエーター遊離抑制作用があり、従来はメディエーター遊離抑制薬に分類中枢神経抑制作用、鎮静作用がある
アゼラスチンアゼプチン
オキサトミドセルテクト
病院東京クリニックうつ病
東京クリニック東京クリニック