アトピー性皮膚炎

東京クリニックのアトピー性皮膚炎治療

東京クリニックでは一般的なアトピー性皮膚炎治療に加え様々な方面から症状を検討し、ステロイドを極力使わない治療法で症状を改善しています。およそ1週間程度で症状が改善する例が多いようです。

一般的なアトピーの治療

アトピーは長期間にわたる皮膚病なので個々の場合に応じて長期的かつきめ細かく治療して行かねばならなりません。全身的な対症療法として現在主として行われているのは痒みやアレルギー反応を抑えるための抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服です。また外用薬は局所的な箇所に使用し、ステロイド外用剤および非ステロイド外用剤に分類されます。ステロイド外用剤には抗炎症の強さにより5段階のランクがあり、カラダの部位や皮膚の状態によって吸収率が異なりますので、ステロイドを外用する際に使い分けたほうが良いでしょう。

東京クリニックでの治療

東京クリニックではアトピー性皮膚炎の原因と増悪因子を徹底的に解明し、一般的なアトピー性皮膚炎治療に加え新薬であるタクロリムス製品名プロトピック軟膏などを組み合わせて治療を行っています。難治性のアトピー性皮膚炎の場合、ストレスとアトピー性皮膚炎の症状は相互に関連し合っておりストレス症状が皮膚の状態を悪化させ、悪化した症状がまたストレスを生むという構造になっていると考えられます。
アトピー性皮膚炎,皮膚科
東京クリニック東京クリニック