ニキビ・ニキビ痕・尋常性ざ瘡・にきび

ニキビ・尋常性ざ瘡

ニキビ(ざ瘡)は、眼瞼を除く顔面、胸、上背部に毛孔一致性の面皰、丘疹、膿疱を生じるポピュラーな疾患ですが、重症例では結節、嚢腫、瘢痕を形成します。思春期の男女に認められますが、女性では20‐30歳にかけても下顎部を中心に見られます。月経前増悪もしばしば認められます。発症要因としては男性ホルモン(女性では副腎性男性ホルモン)による皮脂分泌の増加、にきび桿菌のリパーゼによる皮脂分解産物である遊離脂肪酸による刺激、毛漏斗部の過角化、好中球遊走などが考えられています。

ニキビ(ざ瘡)・ニキビ痕

ニキビとは皮膚の中の皮脂腺から分泌される脂分が毛穴の出口で詰まった状態をいいます。同じように見えるニキビでも、脂性肌によるニキビ、乾燥肌によるニキビ、ホルモンによって出てくるニキビ、大人になってからのニキビなど年齢や体質によってさまざまなタイプのものがあります。思春期男女の眼瞼を除く顔面、胸部、背部に生ずる毛包一致性の慢性炎症・面皰・丘疹・膿疱・小結節・嚢腫が主症状です。炎症後に色素沈着、重症例では瘢痕を残すことがあります。

発症要因

血中アンドロゲン増加による脂腺肥大、毛孔のニキビ桿菌のリパーゼにより生じた遊離脂肪酸の刺激、ニキビ桿菌による好中球遊走などが挙げられます。

酒さとは

中高年男女の鼻尖・頬・額に好発する慢性炎症です。毛細血管拡張や紅斑(第1度)、丘疹(第2度)、鼻瘤(第3度)に分けられます。原因は不明で難治性です。

処方例

1)クンメルフェルド液 50ml 塗布
2)ベシカムクリーム 10g 塗布
3)フラビタン(5mg) 3錠
4)ピドキサール(10mg) 3錠
5)アクアチムクリーム 10g 塗布
6)1%クリンダマイシンローション
7)ミノマイシン 100mg
8)ビブラマイシン 100mg

東京クリニックのニキビ治療

東京クリニックでは活動性の高いニキビから大きく痕が残ってしまったニキビ痕まで治療を行っています。基本的な治療は病院での処置と同時に家庭で内服薬の服用と外用薬の塗布となります。これらの治療によりニキビ・ニキビ痕を完治させることを目標としています。

治療目標

状態により異なりますが顔全体に広がっている場合、1ヶ月以内にニキビ、ニキビ痕の半減、その後数ヶ月をかけて完治を目標としています。

ニキビのできやすい体質とは

ニキビができやすい体質とは主にオイリースキンである、毛穴が大きく開いている、ホルモンのバランスが崩れやすいなどの要因が考えられ、またストレスや生活習慣が乱れて睡眠不足、食生活の乱れ、便秘などが引き金となっている場合があります。

ニキビの種類

またニキビには黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビというさまざまな炎症があります。黒ニキビとは毛穴が開いてコメド(ニキビの初期症状)の先端が黒っぽく皮膚が盛り上がった状態のもので、白ニキビとは毛穴の先端は閉じていますが全体的に黄白色に見える状態をいいます。これらは皮膚の内部に蓄積された脂性分泌物がアクネ菌などによって分解され、赤ニキビとはアクネ桿菌やブドウ球菌などの細菌が繁殖して皮膚腺や毛包が炎症を起こして赤くなります。この状態が更に進むと毛孔の皮膚が破れて炎症が大きくなります。悪化させてしまうとクレーター状・ケロイド状の痕が残ってしまいますので早期の治療が望ましいでしょう。

軽症の場合

  • 抗菌剤(アクアチムクリーム、ゲンタシンクリーム)外用

中等症以上の場合

  • ビタミンB2、ビタミンB6内服
  • ハイチオール併用
  • 漢方薬(清上防風湯、桂枝茯苓丸加ヨク意仁、十味敗毒湯など)併用

化膿が強い場合

  • 抗菌剤内用
皮膚科,ニキビ,ニキビ跡,ニキビ痕
東京クリニック東京クリニック