アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎

急性あるいは慢性の炎症で、アレルギー性反応を引き起こす物質によって生じます。 アレルギー性皮膚炎の一つ、アレルギー性接触皮膚炎は一次性の化学刺激物によって生ずることもあり、アレルゲンによって生ずることもあります。

アレルギー性皮膚炎の症状

かぶれ、湿疹、アトピー性皮膚炎などがみられます。
アレルギーによって生じる疾患は身体の色々な臓器に現れますが、皮膚にアレルギーが起こることもあります。代表的なアレルギー性皮膚炎は皮膚の炎症やかぶれ、湿疹を生じます。例えば、アレルギー性接触皮膚炎はその名の通り何かに接触して生じる湿疹です。一般的にかぶれなどと呼ばれている症状ですが、症状を引き起こす原因となる物はいたるところに存在しています。しかし、アレルギー反応の起しやすさや、原因となる物には個人差があります。また、アトピー性皮膚炎は遺伝性のアレルギーです。生まれつき皮膚が弱く、刺激に対して敏感なところになんらかの原因となる物が接触して皮膚の易刺激性・皮膚乾燥などの症状が起こります。

治療方針

アレルギー性皮膚炎の治療は原因の除去と炎症の治療が原則となります。 急性の接触皮膚炎では原因物質が想定しやすく、接触を絶つことができるため、治療は容易とされています。軽症の場合はステロイド外用のみでよいでしょう。

外用薬

リンデロン
ネリゾナユニバーサルクリーム
アンテベート

内服薬

第一世代抗ヒスタミン薬レスタミン
ベナ
プロコン散
タベジール
アレルギン散
ネオレスタミン散
ポララミン
ポララミン(復効錠)
レクリカ(持効錠)
ベネン
ピレチア
ヒベルナ
アリメジン
ホモクロミン
ペリアクチン
ケミカルメディエター遊離抑制薬リザベンソルファ
アレギサール
ペミラストン
トロンボキサンA2受容体拮抗薬バイナス
ロイコトリエン受容体拮抗薬オノン
第二世代抗ヒスタミン薬ザジテン
アゼプチン
セルテクト
ゼスラン
ニポラジン
ダレン
レミカット
クラリチン
アレジオン
アレグラ
タリオン
アレロック
エバステル
ジルテック
Th2サイトカイン阻害薬アイピーディ
経口ステロイド配合薬セレスタミン
漢方製剤(小青竜湯)TJ-19(ツムラ顆粒)
N-19(小太郎細粒)
EK-19(カネボウ細粒)
EKT-19(カネボウ錠)
KB-19(カネボウ細粒)
蕁麻疹東京クリニック 皮膚科
東京クリニック東京クリニック