性感染症・性病

性病は症状の出る身体箇所や感染経緯が問われるため非常に相談しにくいかと思われますが治療法は確立していますから、少しでも異常を感じたらすぐにでも来院診察することで安全に治癒することが可能です。しかし早期治療を怠ると非常に恐ろしい事態を招きかねません。特に女性の場合不妊症や流産の原因になることもあります。

感染の仕方

性病は性行為(セックス)によって感染しますが狭義のセックス以外でも感染する可能性があります。オーラルセックスはもちろん、指や手による行為、キス、精液や血液を介しても感染します。つまり皮膚や粘膜の接触でも感染しますのでコンドームの使用によって完全に防げるといったものではないことにも注意が必要でしょう。

症状

潰瘍ができ、排尿痛へルベス、カンジダなど
掻痒感カンジダ、トリコモナス、毛ジラミ、析癖など
分泌物、排尿痛や不快感淋菌、クラミジア、トリコモナスなど
おりものが増えて臭うトリコモナス、膣炎、クラミジアなど
イボや発疹 尖垂コンジローム、鼠径リンパ肉芽腰症など
発熱、腹痛クラミジアなど
腹痛、下痢アメーバ赤痢など
全身倦怠肝炎、白血病、エイズなど

検査・診断

性感染症といってもその種類は以外に多いのです。したがって診断方法も症状にあわせて異なります。
血液検査エイズ、梅毒など
膣分泌物や、頚管粘液の採取カンジダ、トリコモナス、クラミジア、淋薗など
局所の診察 ヘルペス、尖圭コンジロームなど
尿検査クラミジア、淋薗など

クラミジア感染症

クラミジアは最も多い性感染症です。クラミジアの場合、男性は排尿時の痛みや尿道のかゆみ、女性は腹痛や不正性器出血などの症状がでます。ただし症状事態は軽いため放置や二次感染を招きやすいのが現状です。基本的には抗生物質の投与で治りますが、放置しておくと不妊や異常妊娠の原因ともなりことと、耐性菌の増加により時間がかかる例が増えています。検査、治療はパートナーと一緒に行うべきでしょう。
処方例
1)クラリス(200mg) 3錠 分3 7-14日
2)クラビット(100mg) 6錠 分3 7-14日
3)ミノマイシン(100mg) 4錠 分2 7-14日

淋病

淋菌に感染することで淋病となります。性交以外でも感染する可能性があり、男性で潜伏期間は2〜14日、女性では感染後7〜21日程度で発病します。発病するとバルトリン腺嚢腫を起こし、また尿道炎も併発し、排尿時に痛みが伴い膿も出ます。放置すると淋菌性膣炎、子宮内膜炎、淋菌性卵管炎、淋菌性腹膜炎に到ることがあります。卵管炎まで起こると不妊症になる可能性もあります。また、膀胱に菌が入ると膀胱炎になり発熱が続くこともあります。抗生物質による早期治療で後遺症なく治癒しますので早期診察が大事と言えるでしょう。
処方例
1)サワシリン(250mg) 6錠 分3 3日間
2)バナン(100mg) 3錠 分3 3日間
3)トロビシン 2g 筋注 1回

梅毒

スピロヘータバリーダという病原体の感染によって起こり、感染の経路は主に性交ですが、口腔内の小さな傷がある状態での接吻で感染することもあります。約三週間の潜伏期間の後、発症します。症状は様々な過程を10年以上を経て深刻化していきますが、最初は外陰部の潰瘍となってあらわれます。初期段階は殆ど無痛です。最終的には内臓や血管、神経もおかされて、いわゆる脳梅毒といわれる恐ろしい状態になります。また梅毒に感染している女性が妊娠すると、胎盤を通して胎児も感染します(先天性梅毒)。梅毒は血液検査で確実に診断でき、抗生物質で完治可能です。早期に医師の診察受けることが非常に重要な病気です。
処方例
1)結晶ペニシリンGカリウム 60万単位 1日1回 筋注 10日間
2)サワシリン(250mg) 3カプセル 分3 20日間
3)ペントレックス(250mg) 6カプセル 分3 20日間
4)ミノマイシン(100mg) 2錠(またはカプセル) 分2 20日間
5)エリスロシン(200mg) 6錠 分3 20日間

その他様々な性感染症がありますが、いずれにしてもパートナーと伴に早期診察を受けることが大事です。
東京クリニック東京クリニック